パーマー

カイロプラクティックヨネモリ



カイロプラクティックとは

哲学であり、科学であ

り、芸術である。骨関節

面を利用して、手によっ

て神経圧迫を起こして

いる椎骨を正常な位置

に戻してやり、脳からの

先天的治癒力を100%

働かせる事によって病

気を治し、健康な体を

維持することである。

症状を取り除く治療と脊

柱の形を正常な形にす

る治療、さらには健康な

体をより健康へ導くとい

うのが目的である。
 

   カイロプラクティック歴史

     (米国政府公認医療)


    DDパーマー カイロプラクティック発見者                   
 1845年〜1913年        


1895年9月18日DDパー マーによってカイロプ

ラクティックが発見された。最初の矯正は、17年

間聞こえなかったハービーリラードの難聴が治っ

たのがカイロプラクティックの始まりである。カイロ

プラクティックと言う言葉の由来はギリシャ語でカ

イロとは手プラクティックとはなされたつまり、カイ

ロプラクティックとは手によってなされたという意

味である

    BJパーマー カイロプラクティック発展者                     
1882年〜1961年        


父DDパーマーによって発見されたカイロプラクテ

ィックを発展させるために世界中の人のために学

校を設立し独学で解剖書、神経学書、生理学

書を学び25000体の人体の骨組を収集し研究し

た結果ラッシュ大学医学部で解剖学を学んだ妻メ

イブル夫人の意見もあり上部頸椎が研究された。

そして1930年に、脳幹、延髄に影響を及ぼす場

所は、上部頸椎であり、その臨床、研究のために

リサーチクリニックを創設したのである。
 
当時の医学で最も進歩した検査器具や血液検査

などあらゆる科学を使用してカイロプラクティック

の効果を実証し上部頸椎は脳幹の正常な働きに

影響を与える事が証明された。                     

BJパーマーリサーチクリニックのスタッフ(1930年代


最も医学が発展したドイツに留学して上部頸椎を

研究した結果頸椎1番、2番の部位で生命エネル

ギーの妨害が約90%起こる事を突き止めた。

1935年から1951年の16年間リサーチクリニ

ックを開設し当時最新、最高の医療検査機器を

揃え、全ての患者に対し医師による、診察、診

断、検査を行い医師による治療は行わず、上部

頸椎のみのアジャスト(矯正)をおこなった。そし

て医師による検査を受けさせてカイロプラクティッ

クの効果を医学的、科学的に証明した。そのため

に全米から、医師に匙を投げられた患者や難し

い重症患者が集まった。そして研究と調査を目的

とした16年間の臨床研究が終了した。