カイロプラクティックヨネモリ

0996−32−6877

ストレス障害

     ストレス障害の身体症状


ストレス障害では脳のの変化に伴い自律神経系の変化

と副腎ホルモンの変化が起こります。ストレスが加わる

と、副腎ホルモンであるコルチゾールを分泌しストレスを

和らげようとすることが、知られています。

しかしコルチゾールが長期間放出されると、ホルモン

が枯渇することになります。副腎ホルモンは、生命を維

持するためにも重要なホルモンのひとつです。

そのため生命にかかわるような恐ろしい病気

心筋梗塞、脳梗塞、動脈瘤、癌などに発展する可能性

も指摘されてます。

自律神経と内分泌系の変化は、体の多くの臓器の機能

と繋がっていますから、多種多様な症状が、現れます。

     頻繁に認められる主だった症状は

1消化器系 胃のもたれ、胃痛、吐き気、嘔吐、下痢
         喉の渇き等
 呼吸器系 呼吸苦、胸の圧迫感等

 循環器系 頻脈、血圧上昇、末梢の冷え、ふらつき
         めまい、耳鳴り、不整脈,動悸等
4 筋骨格系 手足のしびれ、頭痛、肩こり等

 その他   脱毛、微熱、眼瞼けいれんなど

 ストレスに強く左右される疾病(心身症)
   不整脈、帯状疱疹、突発性難聴,偏頭痛、蕁麻疹
   高血圧、アトピー,尋常性乾癬,喘息等
                       ストレスのはなしから抜粋