カイロプラクティックヨネモリ

0996-32-6877

     短足症候



私達が毎日診ている患者のほとんどが短足


をもっています。すなわち、反対側の足よりも


短いということであるが、これらは、上方に異


常がおきてそれを骨盤でバランスをとろうとす


るために、骨盤が傾き,長足、短足ということ


が起きるわけであります。(下記の図)



人間の体は、必ず中心重力によってなりたっ

ており即ち二本足で歩くようになってから、バ

ランスをとり左右対称な形をとるわけである

が、頭が7キログラムの重さでアトラス(頸椎

1番)の上にのっかり、又頸椎1番のボディー

が6オンスの重さで頸椎の上にのっかつてい

るので、、少しでも頭、アトラスに傾きが生じ

ると、体のバランスを保つために骨盤が傾

き、短足が生じるわけです。

体の重力線がずれることにより、骨盤は、そ

れに応じて色々な形となりそれがサブラクセ

イション(歪み)としてあらわれるわけであるか

ら、まず、この原因である上部頸椎、頭蓋骨

を治すことが一番大切であります。