カイロプラクティックヨネモリ

0996-32-6877




  ロイWスエット博士      

       アトラス
      

     最も重要な椎骨アトラス 


脊柱において最も重要な椎骨アトラス(頸椎1番)

ある。脊椎全体を通してアトラスがサブラクセーション

を起こすと、神経学上干渉の第一の原因となっている

アトラスは上方で後頭果,下方で軸椎の上関節面に
 
接している。アトラスの関節面には、骨間によるロック

が無いために他のどの椎骨よりも頸椎の部分におい

ては、大きな範囲の可動域が見られ椎間板の圧迫に

より椎間孔の所で神経圧迫が見られる。さらに頚椎の

この部分には脳幹や椎骨動脈が位置している

脊柱の問題の中で2番目の原因となる椎骨はL5(腰 

椎5番)であり、その上をL4(腰椎4番)関節、その下を

仙骨の関節に隣接している。下部腰椎において約9

0%の椎間板損傷はL4椎間板とL5椎間板である。

脊柱の中で2番目に大きな可動域を有するのはL5の

所である。ほとんどの場合アトラスをアジャストする事

によってL5、仙腸関節を含む腰椎下部は骨が変化す

る。アトラスのアジャスト(矯正)によって足の長さの

変化が生じた時は、腰椎下部まで変化する。

、私ロイ、スエットは過去50年間アトラス以外の椎骨は

アジャスト(矯正)したことがありません。もちろん

アトラス以下のいかなる関節も外傷を受けたり、傷つ

き易い事は言うまでもありません。

脊柱の大きな目的のひとつは頭の重さを支える事で

す。さらに、頭の重さが中心から離れたり、垂直から

離れた状態になると腰椎下部は反応して、体全体の

重心を中心に保つために補正作用が働き、骨のシフト

が始まる。頭の中心は、必ず足の中心に保たれる。

即ちアトラスをアジャストしてアトラスの位置を変える事

によって頭と頸椎を定位置に変える事ができる

そうすうと腰椎下部はニュートラルな正常な位置に変

化していくわけである。

もし私ロイスェツトが、もう一度,私の人生をやり直す

事ができるとしたら、私は又上部頸椎、特にアトラスを

アジャストする専門家になることを選ぶ事でしょう。
             ロイW,スエットDC