カイロプラクティックヨネモリ

0996-32-6877





    
     上部頸椎1番、2番





 

     上部頸椎の重要性



人間が生きていくのに最も重要な役割をしている


のが脳幹であり、中枢神経である脊髄です。脳幹


には副神経、舌下神経,迷走神経、顔面神経、


内耳神経、などの重要な神経核が存在し延髄部


には生命維持に重要な呼吸調節、血管運動調


節、消化器系調節などの自律神経の中枢があり


ます。


人間は大脳がなくても生きることはできますが脳


幹、延髄に傷がつくと瞬時に死んでしまいます。


その延髄から脊髄に変わるところに上部頚椎(頚


椎1番、2番)が存在しますのでそこに神経圧迫が


起きると色々な病気を引き起こす原因にもなりま


す。


私達人間に生まれながらに存在する左右対称の


目、耳そして一つの口、内臓などを作り上げた力


も脳幹、延髄に存在するのです。 又指を傷した


所にばい菌が入ると人間を作り上げた力はそこ


に白血球を送り細菌を殺して、傷を治してくれま


す。 即ち自分自身で修理するのです。


これらのマスターコントロールが脳幹、延髄のとこ


ろに存在しているのです。背骨の中で最も重要な


椎骨はアトラス(頚椎1番)脊椎全体を通してこの


アトラスがサブラクセーション(骨のずれ)を起こ


すと、神経学上の圧迫、干渉の第一の原因となり


ます。



人間が一生を通じて最初に上部頚椎のズレの危


機にさらされる可能性は出産をあげることが出来


ます。この出産時における新生児への対応のし


かたによって上部頚椎に物理的な外力が加わり


神経圧迫をつくりだす事が考えられます。



俗にいう首の据わりは、生後3・4ヶ月の新生児の


心身の発達異常を発見する目安とされています。


首のすわりは頭部を支える頚椎の順調な発達と


筋肉の発達を意味します。



首のすわりが悪いとされる新生児の中には高い


比率で上部頚椎の神経圧迫が発見される可能性


があると思われます。



アメリカのステファン・ダフドクターは最初のサブ


ラクセーション(骨のずれ)は、ほとんど出産時


親から赤ちゃんをとり出す時吸引,カンシを使うこ


とによって起こると報告してます。