カイロプラクティックヨネモリ

0996-32-6877


               




       自律神経




自律神経の中枢は間脳視床下部にあります。

体温調節睡眠糖水分の代謝生殖などに関連

する中枢がありこれらの機能を円滑に行うために、全

身の器官に分布する、自律神経系の働きを統一して

いる。視床下部神経系、内分泌系接点となっています

自律神経には交感神経副交感神経があります。
          (昼働く神経) (夜働く神経)
車で言うと交感神経アクセル副交感神経ブレ

ーキに例えられます。この2つの相反する作用があっ

て生体内のバランスを上手く保っています。

自律神経は意志の支配は受けず 内臓は必ず交

感神経と副交感神経の両方の支配をうけてます。

交感神経は怒ったり、恐怖に陥った時に興奮し

身構えるとか、攻撃する時に働きます。

心臓の動きを速くし、血液を身体中にめぐらし、血圧を

上げて身体中に血液を供給します。肺の運動も盛ん

になるため、酸素を含んだきれいな血液になります。

副腎からアドレナリンが分泌され、結果、肝臓から、

エネルギーの元であるブドウ糖が放出されるされるの

で疲れる事もなく力を出すことができます。

アドレナリンノルアドレナリンと共に、副腎髄質か

ら分泌されるホルモンで、血管を収縮させ血圧を

上げる働きがあります。

交感神経が興奮状態の時は、眠くならないし、空腹感

もありません。副交感神経はこれとは反対に、心臓や

呼吸の働きを穏やかにして唾液や胃液の分泌を増や

して食事の消化を助けます

交感神経から副交感神経へ切り替わるときに副交感神

経への圧迫は同時に交感神経の働きを過剰にさせ、

血圧や頭痛、パニック障害の原因となってます。

交感神経緊張症の人は、心拍数が多く、顔面蒼白

便秘になりやすい。

副交感神経緊張症の人心拍数が少なく、血圧は

低く、唾液分泌が多く、顔面が紅潮しやすく、下痢

胃潰瘍になりやすい。

臨床的に交感神経の関与部分頚椎6番から腰椎5番

副交感神経の関与部分後頭骨から頸椎5番と仙骨

内臓の働きが低下しているときは交感神経アジャストする。 

内臓の働き亢進しているときは副交感神経アジャストする。

首コリ(うつむき姿勢、スマホ首,) が自律神経失調症の原因
  首への負担最大27キログラム